NEWS

ARA社が圧縮CO2による大音響とLEDライトで発光する火気不使用のフラッシュバンを開発

海外軍事 Comments(0)

Photo from Applied Research Associates (ARA)
ARA社が火気を使わないフラッシュバンを開発した。
現在普及しているフラッシュバンは火や煙が発生する(昔に比べれば少なくなってはいるが)。そのため、可燃性物質のある環境では使用が許されなかったり、煙が人体に有害な物質を含んでいたりと不都合がある。
一方でARA社が開発したフラッシュバン「NPDD(Non-Pyrotechnic Diversionary Device)」は、火気がなく煙も発生しない。NPDDは圧縮CO2を使用し、最大165デシベルの音響を発する。この音響については、バーストキャップという部品を交換すれば、音響衝撃の種類や強さを変えることが可能である。発光にはLEDライトとCOTSバッテリーを使用し、こちらも火気は発生しない。

NPDDは煙が発生しないため、有害物質を吸い込む心配がない上に、使用直後に煙で視界が妨げられることもない。さらに、水中での運搬も可能であるため、海洋任務で重宝するだろう。効果も従来のフラッシュバンに近いがコストは安く、有害物質も出ないことから、反復訓練に最適である。

何よりも火気がないことが一番の利点で、今までならフラッシュバンの使用ができなかった場所でも、火災発生や負傷、部屋のサイズを気にせずに使用することができる。

Text: ムッシュ・コナギ - FM201809

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop