NEWS

アメリカの銃生産量の増加続く 2018年は約867万丁

海外軍事 Comments(0)
アメリカの銃生産量の増加続く 2018年は約867万丁
アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(BATFE)の統計によれば、2018年の銃器製造数は866万9259丁で、2017年と比べて約30万丁増加した。もっとも多く製造されたのは.380ACP以上9mm以下の口径の拳銃で228万1450丁で、2017年よりも約50万丁増加している。

関連記事:
米銃器メーカーが2016年に統計史上「最多」の銃器を生産。ATFが年次報告書で発表
2000年から2008年のブッシュ政権中は300~400万丁で落ち着いていたが、2009年からオバマ政権になると、規制強化を恐れて製造量が急増、2016年は政権の変わり目も重なり、約1100万丁で過去最大となった。

なお9mm口径の拳銃のメーカー別生産数について、商取引保護法で2018年中のデータは公開されないが、2017年のデータではS&W社が60万6732丁でトップ、ついでシグ(36万8264丁)、ルガー(16万3865丁)、SCCY(15万235丁)、キンバー(9万8385丁)、グロック(9万4655丁)となっている。

Source: ANNUAL FIREARMS MANUFACTURING AND EXPORT REPORT - YEAR 2018 Interim

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201909
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop