NEWS

アメリカに亡命を求める初のアフガン人女性パイロット

海外軍事 Comments(0)
アメリカに亡命を求める初のアフガン人女性パイロット
U.S. Air Force photo/Master Sgt. Ben Bloker
アフガン空軍初の女性パイロット、ニローファー・ラーマニ(Niloofar Rahmani)は、18歳のときにその能力を認められ、アメリカのリトルロック空軍基地でC130輸送機のパイロット課程に派遣された。

リトルロック基地の第314輸送隊は、戦術輸送研究の「中核的研究機関」であり、国防省や沿岸警備隊、さらに同盟国にC130輸送機の運用を指導している。毎年1200名の訓練生を受け入れ、その中で150名が外国人である。まさにアメリカ国内最大の外国人パイロット養成機関であり、ラーマニもそこで学んだ。

先ごろ7年間の訓練課程を優秀な成績で修了したラーマニは、当然、アフガニスタンへ帰国し、同国空軍の指導的ポジションに着くことになっていた。しかし、ラーマニは帰国を拒否した。
「祖国の空を飛びたい。祖国のために働きたい。それは私が常に思っていることですが、しかし、アフガニスタンの国情(イスラム世界の厳しい男尊女卑の社会をさしている?)でそれを実現にするには命を懸けなればなりません」。

ラーマニの発言を受けて、アフガン空軍のアブドル将軍は、米国で訓練しているパイロットに、亡命しないように警告を発した。さらに亡命を希望したパイロットはアフガニスタンから追放され、再度、アフガンに入国した際は逮捕する、とさえ付け加えた。

米国メディアの取材に対し、アフガン空軍のスポークスマンであるジャラルディディン・イブラヒムケル少尉は、「訓練を終えたパイロットは本国へ帰国しなければならない」とだけ発言した。

現在、アフガニスタンは国を作るために、多くの優秀な人材をアメリカに留学させている。しかし、彼らがアメリカでの生活に慣れ、そのまま帰国しないと、単に人材が流出してしまうことになる。

「留学させなければ人材が育たず、留学させれば帰国しない」。アフガニスタンにとって悩ましい問題である。

Text: 友清仁 - FM201701

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop