NEWS

米陸軍が特殊作戦用途の新型戦術車輌『GMV 1.1』の空挺降下を試験中

海外軍事 Comments(0)

Photo from General Dynamics Ordnance and Tactical Systems.
This photo is for illustration purposes only.
米陸軍は6日、運用試験司令部(USAOTC: U.S. Army Operational Test Command)の空挺・特殊作戦試験局(ABNSOTD: Airborne and Special Operations Test Directorate)による地上機動車輌『GMV 1.1(Ground Mobility Vehicle 1.1)』の低速度降下(low-velocity airdrops)試験の実施を発表した。

関連記事:
米海軍特殊作戦司令部が空中輸送可能な戦術車輌「フライヤー60」を多用途任務に向けて評価中

Photo from General Dynamics Ordnance and Tactical Systems.
This photo is for illustration purposes only.
GMV 1.1は、CH-47チヌークをはじめ、空軍C-130ハーキュリーズ、C-17グローブマスターIIIといった輸送機での空輸を可能とした設計となっており、特殊作戦に従事する精鋭兵士らに向けて、市街地・非市街地環境の両方における「戦術機動力」の提供に期待されている。

試験では6回の空挺降下を実施する見込み。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポーランド国防省が60mm軽迫撃砲『LMP-2017』を取得。領土防衛軍の全軽歩兵中隊に配備へ
米陸軍が『eスポーツ』オンライン競技会への参戦を発表。「新兵募集活動」を目的に若者文化へ接近
中米エルサルバドルには自ら武装してギャングと戦う市長がいる
フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注
NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポーランド国防省が60mm軽迫撃砲『LMP-2017』を取得。領土防衛軍の全軽歩兵中隊に配備へ (2018-12-18 16:10)
 米陸軍が『eスポーツ』オンライン競技会への参戦を発表。「新兵募集活動」を目的に若者文化へ接近 (2018-12-18 14:03)
 中米エルサルバドルには自ら武装してギャングと戦う市長がいる (2018-12-17 17:18)
 フェデラル・アミュニションが米海軍海上戦闘センター・クレーン局から『MK 318 Mod 0』弾・46.5億円を受注 (2018-12-17 17:03)
 NFLスタープレイヤーが「国家の英雄」とその家族を称えるためリーボック製スニーカーの発売を企画。全額を寄付へ (2018-12-14 12:37)
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop