NEWS

オーストラリア陸軍が超小型ドローン×最大 200 機の購入を模索

海外軍事 Comments(0)
オーストラリア陸軍が超小型ドローン×最大 200 機の購入を模索
Photo: PD-100 Black Hornet PRS / Prox Dynamics AS
オーストラリア陸軍が、超小型ドローン×最大 200 機の購入を模索している。同国で政府情報を専門に扱う隔月誌、ガバメントニュースが伝えている。

購入資金の承認を取り付けていないものの、陸軍はオープンマーケットに対してリクエストを発出し、2017 年からの供給を目指すだろうとのこと。
具体的な製品名として、ノルウェーのプロックス・ダイナミックス (Prox Dynamics) がデザイン設計したマイクロ ヘリコプター型ドローン「PD-100 Black Hornet PRS (Personal Reconnaissance System) 」の名が挙げられており、陸軍では既に 25 機の PD-100 ブラックホーネットを機動作戦でのトライアルに供しているとのこと。特殊部隊での活用にも期待が寄せられているという。

同誌は、PD-100 ブラック・ホーネットについて高い性能を評価する一方、夜間作戦用にアップグレードされた仕様のもので、288,000 ドル (=約 2,900 万円) のコストは、決して安くないともしている。

ブラックホーネットは、全長 16 センチメートル、重量 18 グラムほどの大きさの偵察用無人機システムで、戦場で使われるドローンとしては最小サイズ。付属のクラムシェル状のポリマー樹脂製ホルスターで兵士が携行し、敵拠点を人知れず偵察をおこなうことができる。

PD-100 Black Hornet PRS
・ロータースパン:120mm
・カメラを含めた機体重量:18g
・最大速度:毎秒 5 メートル
・最大駆動時間:25 分間
・水平線デジタルデータリンク到達距離:1,600 メートル
・EO/IR (可視光 / 赤外線)、サーマル 計 3 カメラ
・GPS ガイドオートパイロット操縦
・ライブ映像&スナップショット撮影
タリバン掃討作戦を展開しているアフガニスタンの戦地で、ブラックホーネットをいち早く投入したのは英軍。2013 年当時、イラン国営通信社によって「英国はこの暗殺用の無人偵察機の開発に過去 5 年の歳月と、20 億ポンド以上の投資をおこなってきた」として報じられている。

その後、同年 10 月には米陸軍が 250 万ドル (=約 2.4 億円) 分のブラックホーネットを発注。2016 年 4 月には、米陸軍が分隊レベルでの運用の為、ブラックホーネットを 2018 年までに配備する計画であることが明らかとなっている。

関連記事:
米陸軍、分隊レベルでの運用の為にポケットサイズの超小型偵察ドローンを 2018 年までに配備を計画

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売
田村装備開発が衛生用マスクとしても使用できるフェイスガードを発売
新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売 (2020-04-10 20:55)
 田村装備開発が衛生用マスクとしても使用できるフェイスガードを発売 (2020-04-09 21:24)
 新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える (2020-04-07 19:43)
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop