NEWS

オーストラリア陸軍が超小型ドローン×最大 200 機の購入を模索

海外軍事 Comments(0)
オーストラリア陸軍が超小型ドローン×最大 200 機の購入を模索
Photo: PD-100 Black Hornet PRS / Prox Dynamics AS
オーストラリア陸軍が、超小型ドローン×最大 200 機の購入を模索している。同国で政府情報を専門に扱う隔月誌、ガバメントニュースが伝えている。

購入資金の承認を取り付けていないものの、陸軍はオープンマーケットに対してリクエストを発出し、2017 年からの供給を目指すだろうとのこと。
具体的な製品名として、ノルウェーのプロックス・ダイナミックス (Prox Dynamics) がデザイン設計したマイクロ ヘリコプター型ドローン「PD-100 Black Hornet PRS (Personal Reconnaissance System) 」の名が挙げられており、陸軍では既に 25 機の PD-100 ブラックホーネットを機動作戦でのトライアルに供しているとのこと。特殊部隊での活用にも期待が寄せられているという。

同誌は、PD-100 ブラック・ホーネットについて高い性能を評価する一方、夜間作戦用にアップグレードされた仕様のもので、288,000 ドル (=約 2,900 万円) のコストは、決して安くないともしている。

ブラックホーネットは、全長 16 センチメートル、重量 18 グラムほどの大きさの偵察用無人機システムで、戦場で使われるドローンとしては最小サイズ。付属のクラムシェル状のポリマー樹脂製ホルスターで兵士が携行し、敵拠点を人知れず偵察をおこなうことができる。

PD-100 Black Hornet PRS
・ロータースパン:120mm
・カメラを含めた機体重量:18g
・最大速度:毎秒 5 メートル
・最大駆動時間:25 分間
・水平線デジタルデータリンク到達距離:1,600 メートル
・EO/IR (可視光 / 赤外線)、サーマル 計 3 カメラ
・GPS ガイドオートパイロット操縦
・ライブ映像&スナップショット撮影
タリバン掃討作戦を展開しているアフガニスタンの戦地で、ブラックホーネットをいち早く投入したのは英軍。2013 年当時、イラン国営通信社によって「英国はこの暗殺用の無人偵察機の開発に過去 5 年の歳月と、20 億ポンド以上の投資をおこなってきた」として報じられている。

その後、同年 10 月には米陸軍が 250 万ドル (=約 2.4 億円) 分のブラックホーネットを発注。2016 年 4 月には、米陸軍が分隊レベルでの運用の為、ブラックホーネットを 2018 年までに配備する計画であることが明らかとなっている。

関連記事:
米陸軍、分隊レベルでの運用の為にポケットサイズの超小型偵察ドローンを 2018 年までに配備を計画

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更
30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に?
米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令
「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章
H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か
ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更 (2019-12-06 12:13)
 30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に? (2019-12-05 17:14)
 米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令 (2019-12-04 16:35)
 「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章 (2019-12-04 12:02)
 H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か (2019-12-03 13:46)
 ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実 (2019-12-02 17:33)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop