NEWS

BMWが新型「X5」をベースにAK-47の攻撃やTNTの爆発に耐える装甲仕様の『Protection VR6』を発表

海外軍事 Comments(1)
BMWが新型「X5」をベースにAK-47の攻撃やTNTの爆発に耐える装甲仕様の『Protection VR6』を発表
BMWが、車両防弾規格:VPAM BRV 2009の保護等級VR6(10段階の下から6番目のレベル)をクリアした4人乗りの装甲仕様車『BMW X5 Protection VR6』を発表した。

関連記事:
BMW、装甲車仕様の X5・セキュリティ・プラスをロシアで発表
本車両は、新型モデルのBMW X5(G05)をベースとしており、防弾のほかに車両防爆規格:VPAM ERV 2010及びイギリスの民間装甲車両標準BSI PAS 300のテストも行われ、AK-47(7.62×39mm)の弾丸や4m離れた場所に設置されたTNT火薬15kgの爆発に耐えるよう設計されている。

外観・内観的にベースモデルと見分けることは難しいが、ドア/サイドフレーム/ルーフ/ダッシュボードに高強度スチールパネルを配置、アルミニウム素材を用いたアンダーボディとラゲッジコンパートメント、内部にポリカーボネート層を含んだ厚さ30mmの積層式防弾ガラス(フロント、ドア、リア)、パンク時に走行可能なランフラットタイヤ、穴を自己修復する防火燃料タンク、などといった特別仕様となっている。また、手榴弾(DM51)に耐えうるアンダーボディアーマーや、ドローンからの爆弾攻撃(C4爆薬200g)に備えた装甲ルーフをオプションで追加することができる。

排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力523ps、最大トルク750Nm、5.9秒で時速100キロメートルに達し、210km/hでリミッターが作動する。尚、価格については公表されていない。

参考動画:BMW X5 Protection VR6 armored SUV REVIEW - Autogefühl

Source: BMW X5 Protection VR6 Arrives Able To Take AK-47 Bullet

Text: 弓削島一樹 - FM201909

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
煽るのにぴったりだね
Posted by ななし | at 2019年09月03日 22:45
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop