ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開

海外軍事 映画・テレビ Comments(0)
映画「ブラックホーク・ダウン」で描かれた「モガディシュの戦闘」(1993年10月3~4日ソマリア)における米陸軍第10山岳師団(U.S.Army 10th Mountain Division)の功績に迫ったドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが、YoutubeのValorousTV公式チャンネルで公開された。

関連記事:
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
本作は、リドリー・スコット監督の映画「ブラックホーク・ダウン」やその原作にあたるノンフィクション小説「ブラックホーク・ダウン アメリカ最強特殊部隊の戦闘記録」(マーク・ボウデン著 / 原題:Black Hawk Down: A Story of Modern War)で殆ど描かれていない米陸軍第10山岳師団の第2歩兵旅団戦闘団(2nd Brigade Combat Team)第14歩兵連隊第2大隊(2nd Battalion 14th Infantry Regiment)の作戦行動に焦点をあてており、作戦に参加した元隊員・指揮官へのインタビュー(30名以上)や、複数の関係者による書面による記録、公式の事後報告書などに基づいて製作されている。

第14歩兵連隊第2大隊の隊員341名は、約1,000人のアイディード派民兵に包囲された米陸軍第75レンジャー連隊(U.S.Army 75th Ranger Regiment)を救援するため、ブラックホークが墜落した日の翌朝にパキスタン陸軍とマレーシア陸軍から成る国連部隊と共に現場へ向かった。ベトナム戦争の「テト攻勢」以来となる激しい市街地戦闘で、同大隊から2名の戦死者と18名の負傷者がでた。


Photo from U.S. Army official site.
戦闘から数日後、戦死したジェームス・ヘンリー・マーティン・Jr上等兵の追悼式を参列した第14歩兵連隊第2大隊の隊員

本作の監督は、戦闘ヘリAH-1コブラのパイロットとしてベトナム戦争で400以上のミッションを遂行した元米空軍大佐のランダール・ラーセン(Randall Larsen)氏。冷戦時代に米軍の医療実験に参加した2,300名の愛国者をテーマにしたドキュメンタリー映画「Operation Whitecoat」などを手掛けている。

監修には、元太平洋空軍司令官のビル・ベガート(Bill Begert)氏、元第10山岳師団司令官のフランクリン・ハーゲンベック(Franklin Hagenbeck)氏、第2大隊第14歩兵連隊と共に行動した元デルタフォース隊長のリー・バン・アルスデール(Lee Van Arsdale)氏、軍事史家のダグ・シュミット(Doug Schmidt)が携わっている。アルスデール氏は、リドリー・スコット監督の技術顧問を務めていた人物である。

戦闘から25周年となる2018年10月4~5日に、第10山岳師団の拠点であるフォートドラム米陸軍基地とニューヨーク州のジェファーソン・コミュニティ大学で計4回上映される。

Source: ‘Black Hawk Down: The Untold Story’ Recalls The Soldiers The Movies Overlooked

Text: 弓削島一樹 - FM201810

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop