NEWS

悪名高き民間軍事会社「ブラックウォーター社」に復活の兆し

海外軍事 Comments(0)
悪名高き民間軍事会社「ブラックウォーター社」に復活の兆し
それまで国家だけが行えた「戦争」を、コストを負担できるのであれば誰でも実行できる「戦争の民営化」というアイディアを世界に知らしめた悪名高き民間軍事会社、ブラックウォーター社が復活するかもしれない。

その兆しはアメリカの銃器雑誌「Recoil」1月/2月号の広告。黒地にブラックウォーター社のロゴというシンプルな絵面に1行「We're Coming(今行くぞ)」というなんとも不気味なコピーが入っている。
現在のブラックウォーター社は企業名変更や合併などを経てコンステリス・グループの一員となっており、BW社の創業者、エリック・プリンス氏とは何の関係もない。

関連記事:
PMC「ブラックウォーター」の流れを汲む大手セキュリティー企業『コンステリス』社のトップ交代人事が発表

しかしエリック・プリンス氏は、泥沼化するアフガンの治安維持を民営化するプランをもってトランプ政権にアプローチしていることが何度か報道されている。これに反対していたとみられる元海兵隊のマティス国防長官が先日退任したことを「BW社復活」と関連付ける意見はかなり多くみられる。最近のアメリカの対外姿勢も併せて考えるに、非常に不気味な広告であるといえる。

関連記事:
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か - ミリブロNews

Source: Mattis is out, and Blackwater is back: ‘We are coming’

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201901
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop