NEWS

ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?

海外軍事 Comments(0)
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
英国のボディービルダーが、米陸軍の「体力試験(APFT: Army Physical Fitness Test)」に挑戦。その映像がYouTubeに投稿され、順調に再生回数を稼いでいる。
用意された課題は①腕立て伏せ×2分間、②腹筋運動×2分間、③ランニング×2マイル(約3.2キロメートル)となっており、それぞれ100点スコアで評価される。

ボディービルダーだけあって、チャレンジが進むにつれてパンプアップされた肉体が目を見張る。しかし普段慣れ親しんでいる筋トレ系種目こそ快調に飛ばすものの、有酸素運動のランニングが鬼門となったようだ。事実、チャレンジャーの1名は、ランニング種目について10年以上もブランクがあったと吐露している。

なお米陸軍では、APFTに代わって新たなフィットネス試験「戦闘適合試験(ACFT: Army Combat Fitness Test)」を開発している。そして今年8月、テキサス州出身でフォートブリスの第22化学大隊に所属するティモシー・コックス(Timothy Cox)少佐が、ACFTで初の満点スコアを叩き出したことが報じられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に
米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
 イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に (2019-10-10 11:59)
 米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始 (2019-10-04 12:07)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop