NEWS

コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注

海外軍事 Comments(0)

Photo By: Sgt. Harley Jelis
This photo is for illustrative purposes only.
米国防総省は8日、コルト社(Colt Manufacturing Company)とFNアメリカ(FN America)社がそれぞれ「M4」「M4A1」カービン生産のため、米陸軍から88,607,109ドル(=約101億円)ずつの契約を交わしたと発表した。

※2018年11月12日 16:00更新
掲載記事タイトルに誤りがありました。内容訂正の上、再投稿致します。ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。
両社との契約は、2020年9月を通じた現行契約からの変更であることが示されている。

関連記事:
コルトと FN が米陸軍向け 2 億 1,200 万ドルの M4 / M4A1 カービンの受注獲得。2020 年まで

コルト社はコネチカット州ウェスト・ハートフォードで、一方のFNアメリカ社はサウスカロライナ州コロンビアで作業に当たる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop