NEWS

コルト(Colt)社が、民間向け『AR-15』ライフルの生産を一時停止と発表

海外軍事 Comments(0)
コルト(Colt)社が、民間向け『AR-15』ライフルの生産を一時停止と発表
Photo from Colt official FaceBook.
This photo is for illustrative purposes only.
米銃器メーカーのコルト(Colt)社が、「民間向け『AR-15』ライフルの生産を一時停止する」と発表した。
国内で問題の銃乱射事件に対する風当たりが強いことから、その影響を受けたものとみられる報道が一部でなされた一方で、コルトディフェンス(Colt Defense)トップのデニス・ヴィエイユクス(Dennis Veilleux)CEOは「(今回の一件について)問題の事実は、過去数年に渡ってスポーツ用ライフル市場が大幅に過剰な製造能力を経験したことにある」と述べた。

なおコルト社の発表に先立ち、国防総省が4,190万ドル(約45億円)もの大規模案件をコルト社との間で締結すると発表。その中でコルト社は対外有償軍事援助(FMS)を通じて、①アフガニスタン、②バーレーン、③ジブチ、④ハンガリー、⑤ミクロネシア連邦、⑥ハンガリー、⑦ヨルダン、⑧クウェート、⑨レバノン、⑩マケドニア、⑪マーシャル諸島、⑫パラオ、⑬セントビンセントおよびグレナディーン諸島、⑭チュニジアといった国々の軍隊に向けてM4/M4A1ライフルの提供をおこなうことが示されている。2024年9月18日に完納予定。

ヴィエイユクスCEOは受注獲得について「このような大口案件を受注したことによって、当社のライフル製造能力が全て飲み込まれた」と語り、当面はこの公用向け製造の契約履行に注力することこそが、事の真相であるとする論調で語っている。

Source: COLT suspending production of AR-15 rifles for civilians.

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に
米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
 イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に (2019-10-10 11:59)
 米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始 (2019-10-04 12:07)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop