NEWS

オランダ国防省が「Glock17 Gen.IV」×10,000挺を購入

海外軍事 Comments(0)

Photo from Ministerie van Defensie
This photo is for illustration purposes only.
オランダ国防省が、昨年12月に発注を掛けていたGlock17 Gen.IV×6,300挺の第二陣として、同ピストル×10,000挺の購入をおこなったことが分かった。ポーランドの軍事情報サイト「ミルマグ」が6月15日付で報じている。

Photo: Copyright NIMH


Photo: Glock "Generation 4" via official Glock website.
オランダでは1994年以来、四軍に渡ってこれまでGlock17 Gen.IIが制式ピストルとして運用されてきたが、レール対応していないことから、現代の戦闘シーンで必須ともなっているフラッシュライトやレーザーサイトなどの拡張性に乏しく、陳腐化の否めない状況になっていた。

ミルマグは記事の中で、Glock17 Gen.IVが選定されたことについて、「排他的権利の保護に関連する技術的理由を背景とし、契約通知が出されることなく交渉が進められて選定された」と紹介している。

Glock17 Gen.IVは、2013年1月に英国防省がブローニング(Browning)L9A1からのリプレイスを、その後2015年11月には、オセアニアの英連邦加盟国であるニュージーランドがSIG P226からのリプレイスを図っている。

関連記事:
英国防省、英軍の次期制式拳銃をGlock17 Gen4へ変更
ニュージーランド国防軍が現行の SIG P226 から「Glock 17 Gen.IV」へリプレイス

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop