NEWS

エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ

海外軍事 Comments(0)
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
Photo from Lewis Machine & Tool Company (LMT)
エストニア国防軍向け新型制式小銃のコンペ案件において、2度に渡り異議申し立てをおこなっていたSIG社が、デッドラインとなっていた13日を過ぎ、追加抗告をおこなっていなかったことが分かった。
本件に関するこれまでの経緯については、ミリブロNewsをメインに補足的にTwitterでもご紹介していた通り。首都タリンの行政裁判所がSIG社の主張を棄却し、最終的な判決が発効するまで、如何なる合意も停止するとしていた。

エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
Photo from Visible Assets, Inc
また、勝者となったLMTディフェンス社は、ニューハンプシャー州ストラザムの防衛産業インターネット企業「ヴィジブル・アセット社(Visible Assets, Inc.)」と共に、エストニア国防軍向けのワイヤレス武器ショットカウンター『ルビー(RuBee)』の供給契約を締結。2019年から2021年に掛けて納入される16,000挺分に供給されるもので、2,200万ユーロ(=約27億円)の案件となっている。
RuBeeは、武器や弾薬の管理や追跡を可能とする新たな遠隔管理システムで、ロッキードマーティン社とビジブル・アセット社により開発。米海軍でもテストに供されている。

関連記事:
米海軍、武器や弾薬の管理・追跡を可能とする新たな遠隔管理システム「RuBee」の試験を成功裏に実施

2017年7月に、エストニアがこの10年で最大規模の調達計画として100億円近い巨費を投じ、新型5.56mm/7.62mm小銃取得の入札情報を発出し、各国から14社が参戦していた。

Source: Lewis Machine & Tool and Visible Assets, Inc. Awarded a €22 Million Estonian Defense Forces Contract For 16,000 Automatic Weapons With Integrated RuBee Wireless Weapon Shot Counters.

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop