【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS

海外軍事 レポート Comments(0)
【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS
フランス軍の制式小銃が FAMAS に替わって HK416F になる。そこで今回、FAMAS を最前線の現場で実際に手に取り「相棒」としてきた、フランス外人部隊の元隊員、野田力氏に緊急インタビューを実施した。

関連記事:
フランス軍の FAMAS 後継に「HK 416 F」。国防省関係筋が正式発表
【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS
野田力氏プロフィール
フランス外人部隊 第 2 外人パラシュート連隊 水陸機動中隊の元隊員。
戦場救命をメインに活躍し、アフリカのジャングルや砂漠、平和維持作戦、アフガニスタン戦争を体験している。

野田氏にとっての FAMAS、その思い入れや、運用の中で部外者からは分かり得なかったトリビアをピックアップ。全 17 の質問を投げ掛けてみた。

【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS
HK416A5 w/ 40mm System HK269
Image is for illustration purposes only.

Q.001
FAMASの後継にHK416Fが決まり、ご自身の思いは如何でしたか?
また同僚・元同僚の方々はどのような反応を示されましたか?

HK416は憧れの銃のひとつなので、HK416Fが支給される現役達がとても羨ましいです。
2008年のユーロサトリーのHK社ブースで操作させてもらったのですが、扱いやすく頑丈で信頼できます。当然ながら性能はFAMASより絶対に良いです。あと、シンプルにカッコいいです。

HK416Fのニュースを読んだときは、「この銃が扱えるなら再入隊しようかな」と少し思いましたよ。
実際、現役の隊員たちは喜んでるようです。

Q.002
初めてFAMASを支給された当時、第一印象はどのように思われましたか?
(期待通りだったかそうでなかったか等・・・)

初めてFAMASを支給されたとき、「オモチャみたい」と思いました。表面はプラスチックの部分が多いですから。他の軍隊でM4やAKや89式小銃などを扱っていた隊員たちの中には、まず「短い!」と感じた者もいました。


【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS

Q.003
慣れないと難しい操作はありましたか?

素早い弾倉交換です。ブルパップ式で弾倉が銃床にきますので、やりにくかったです。
FAMASに比べたらHK416はきっとやりやすいでしょうね。

Q.004
他国の自動小銃と較べて違いはありますか?

M4を撃ったことがありますが、命中精度や反動など、特に違いは感じませんでした。
しかし、前述にある通り、やはり弾倉交換などの操作性はM4が勝ります。

因みに、かの有名なラリー・ヴィッカーズさんは「M4のほうがFAMASより命中精度がいい」と言っていました。また、G36の射撃経験がある隊員は「G36よりFAMASのほうが少し反動が大きい気がする」と言ってましたし、AK74の射撃経験がある隊員は「FAMASのほうがよく当たる」と言っていました。あと、元陸上自衛隊の隊員は「89式のほうが精密な射撃ができる」と言っていましたね。

Q.005
機械的信頼性は高いでしょうか?
また、ジャムはどのくらいの頻度で起きますか?

古い弾倉や、トップの部分が変形した弾倉を使うとジャムが多かったです。一発撃った瞬間に、「ストンッ」と弾倉が落ちることもありました。逆に言うと、僕の経験上、新しく状態の良い弾倉を使えばジャムを起こすことは無かったです。砂埃でちょっと汚れたくらいで作動不良を起こすこともありませんでした。
AKほどの機械的信頼性は無いでしょうが、いい弾倉を使えばちゃんと動いてくれました。


【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS

Q.006
一番改良して欲しい欠点は何でしたか?またどこがよく壊れていましたか?

僕としては頑丈な弾倉にしてほしかったです。

装弾数は25発なんですが、「30発にしてほしい」という声もありました。
あと、セレクターレバーの改良を望む声もありました。HK416みたいに操作が簡単だとイイですね。

Q.007
兵士達が施していたテープ貼りなど、こっそりとよく行われていた小改造や工夫を教えてください。

はずれて落としやすい部品をテープで留めたり、輪ゴムで固定したりしていました。
アフガニスタンでは、二脚を外していました。FAMASにスプレーで迷彩塗装してる隊員も多かったです。
「こっそりと」はやってないです。

Q.008
国内パトロールの際、銃に針金を差し込むなどしてすぐに使えなくしているそうですが本当ですか?
また、そのようなFAMASを携帯している時の緊急時はどう対応するのですか?

そんなに強くない針金で装填レバーを固定するのですが、力任せに引けばちぎれますので緊急時でも装填できます。

【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS

Q.009
片手操作のAR15に対して、両手で操作しなければいけないFAMASは、操作面で大きく劣ると思いますか?(セレクター等)

大きくは劣らないでしょう。若干わずらわしいだけです。

Q.010
装填時、コッキングレバーを引く際にライフルを横に倒すように指導されるそうですが、本当ですか?

本当です。
薬莢が薬室に残っているとして、確実に排莢されるように、排莢口を下にむけるよう横に倒します。

Q.011
可変ストックじゃないため、体格によって制約はありますか?

あまり制約は感じませんでした。
旧式の防弾ベストを着たときに構えにくかったくらいです。現行の防弾ベストなら問題ありません。

【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS


Q.012
25発マガジンで不足は感じませんでしたか?
STANAGに比べてどう思われますか?また、マガジンの着脱はしにくいでしょうか?

僕は感じませんでした。30発がいいという意見もありますが、弾倉が長くなり、ブルパップ式の場合、伏せて構えたときに態勢が少し高くなってしまうのではないかと思います。待ち伏せのときとか、若干不利のような気がします。
まあ、30発でも25発でも僕は大丈夫です!
STANAG弾倉はボタンを押せば外れるので、マガジンチェンジにいいですね。それに比べれば、FAMASのマガジンチェンジは少しやりづらいですが、そんなに気にはなりません。

Q.013
照準器は使いにくそうですが、実際はどうなのでしょうか?
また、照準器のアタッチメントも使いにくそうに思うのですが、そちらも合わせて使用感を教えてください。

そんなに使いにくいと感じたことはないです。欲を言えば、SCARみたいに頬当ての高さを調節できれば、照準や射撃がもっとやりやすくなるでしょう。

Q.014
90年代に採用されたGPB S3アーマーの首部の追加装甲を取り付けている場合、FAMASを構えることが大変難しくなると思うのですが、どのように工夫して構えているのですか?

首の追加装甲は付けていませんでした。

【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS

Q.015
FELINの光学機器は巨大かつ重そうなのですが、その欠点に勝る価値はあると思いますか?

僕はFELINを扱ったことがありませんが、聞くところによると昼夜問わず命中精度がすごいらしいので、命中精度に価値があるのでしょう。

ただ、バッテリーがきれたら重くて邪魔なので、電源が確保しやすい国内での任務にはいいかもしれませんが、海外任務では必要ないのではないかと思います。

Q.016
FELINはFAMASベースで開発が進められていたかと思いますが、HK416Fの採用によって計画はどのように変更されると思われますか?

光学機器などのアクセサリーをHK416Fに取りつけられるようにするのかもしれません。

【特集記事】フランス軍次期制式小銃 HK416F 選定記念、元外人部隊 野田力氏が語る FAMAS

Q.017
最後の質問です。ズバリ、FAMASは好きですか?

大好きです!

衛生兵:野田力 公式 Twitter
https://twitter.com/noda_liki
野田力 公式ミリブロ
http://tacticalparamedic.militaryblog.jp/

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop