NEWS

FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注

海外軍事 Comments(0)
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
Photo by Gerhard Seuffert
This photo is for illustrative purposes only.
米国防総省は7日、陸軍契約司令部がサウスカロライナ州コロンビアの「FNアメリカ社(FN America LLC)」との間で、『M240汎用機関銃』の改良契約(W15QKN-15-D-0003)を交わしたことを発表した。1,300万ドル(=約14.6億円)超の案件となり、2019年12月8日の完納予定となっている。
1977年の米軍配備以来、40年以上に渡って最前線で運用されてきたM240。そんな「老兵」機関銃については、今年の中盤に掛けて陸軍・特殊作戦司令部(SOCOM: Special Operations Command)を発信源とする動きが確認できる。
陸軍は今年6月、新たにM240の製造を請け負う企業に関する市場調査を開始。一方5月には、軍特殊作戦司令部が2019会計年度中に新たな機関銃の取得を目指すことが報じられている。「計画策定局(PEO: Program Executive Office)」によるとSOCOMは、「現行『M240B』並みの重量ながらも、交戦距離2,000メートルを有する機関銃」を掲げ、「連射時に優れた耐久性を持ちつつも、取り換え時の操作性に優れ、照準器、架台、三脚の他、サプレッサー対応を要求している」とのこと。

関連記事:
アメリカ陸軍 新たにM240汎用機関銃の製造を請け負う企業に関する市場調査を開始
米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画

Source: U.S. DoD Contracts for Dec. 7, 2018

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop