NEWS

FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注

海外軍事 Comments(0)
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
Photo by Gerhard Seuffert
This photo is for illustrative purposes only.
米国防総省は7日、陸軍契約司令部がサウスカロライナ州コロンビアの「FNアメリカ社(FN America LLC)」との間で、『M240汎用機関銃』の改良契約(W15QKN-15-D-0003)を交わしたことを発表した。1,300万ドル(=約14.6億円)超の案件となり、2019年12月8日の完納予定となっている。
1977年の米軍配備以来、40年以上に渡って最前線で運用されてきたM240。そんな「老兵」機関銃については、今年の中盤に掛けて陸軍・特殊作戦司令部(SOCOM: Special Operations Command)を発信源とする動きが確認できる。
陸軍は今年6月、新たにM240の製造を請け負う企業に関する市場調査を開始。一方5月には、軍特殊作戦司令部が2019会計年度中に新たな機関銃の取得を目指すことが報じられている。「計画策定局(PEO: Program Executive Office)」によるとSOCOMは、「現行『M240B』並みの重量ながらも、交戦距離2,000メートルを有する機関銃」を掲げ、「連射時に優れた耐久性を持ちつつも、取り換え時の操作性に優れ、照準器、架台、三脚の他、サプレッサー対応を要求している」とのこと。

関連記事:
アメリカ陸軍 新たにM240汎用機関銃の製造を請け負う企業に関する市場調査を開始
米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画

Source: U.S. DoD Contracts for Dec. 7, 2018

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop