NEWS

米フォートベニングの国際スナイパー競技会で地元の陸軍75レンジャー連隊チームが29チームの中で総合優勝

海外軍事 Comments(0)


Photo by: Patrick A. Albright/MCoE PAO Photographer
米ジョージア州フォートベニングで、国際スナイパー競技会が開催された。17回目となるこの競技会は毎年この時期におこなわれており、今年はホスト国の米国を中心に全5ヶ国から29チームの腕利きスナイパーが参加している。

Photo by: Markeith Horace/MCoE PAO Photographer


Photo by: Markeith Horace/MCoE PAO Photographer


Photos by: Patrick A. Albright/MCoE PAO Photographer
4日間に渡っておこなわれたコンペの中で、フィットネス、精密射撃能力、長距離・短距離射撃スキル、敵前での潜入能力、細部への注意力…などの能力・スキルが競われた。航空機動力を交えたイベントでは、UH-60ブラックホーク機上からの射撃能力の評価がおこなわれている。


Photo by: Markeith Horace/MCoE PAO Photographer
20日におこなわれた授賞式では、地元フォートベニングの陸軍75レンジャー連隊第3大隊から参加していたジョナサン・ロウク(Jonathan Roque)二等軍曹とブランドン・ケリー(Brandon Kelley)軍曹のコンビが総合優勝を飾り、同じくフォートベニングの州兵訓練センター(National Guard Warrior Training Center)から参加していたチームが2位に、そして沿岸警備隊・海上警備対応チーム(MSRT: Maritime Security Response Team)が3位につけたことが発表されている。

フォートベニング公式のデジタルアーカイブサイトには、連日に渡っておこなわれた熱戦の様子が大量の写真と共に掲載されている。

2017 International Sniper Competition / Fort Benning Official Digital Archive

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop