NEWS

仏軍・第5世代グロック17用のホルスターとしてBlackhawk社のTシリーズを選定

海外軍事 Comments(0)
仏軍・第5世代グロック17用のホルスターとしてBlackhawk社のTシリーズを選定
先般、制式拳銃として新たに第5世代グロックを購入したフランス軍だが、そのホルスターとしてBlackhawk社のTシリーズを選定したことが明らかになった。

関連記事:
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注

Tシリーズは射出成形樹脂製ホルスターで既に広く普及しているSERPAホルスターの後継とも言えるモデル。中でもL3Dはリテンションレベル3の脱落防止機構を持っている。

トリガーガード、親指ロック、上部シュラウドの3点の脱落防止機構を備えたL3D。銃の脱落や奪取に対して強い。またBlackhawk社製の従来のマウントプラットフォームに対して互換性があり、ベストの胸や太ももなど、様々な方法・箇所を選び装着することができる。
仏軍・第5世代グロック17用のホルスターとしてBlackhawk社のTシリーズを選定

SERPAホルスターは米軍でも使用されるなど性能に関しては一定の評価があるが、グラスファイバー強化ナイロンとポリマー製ライナーの二層構造や、従来の人差し指から親指を用いたロック解除スイッチへの変更など、随所が改良されており、新世代のデューティホルスターといえるだろう。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM202001
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知
なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍
イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由
コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去
知られざる米特殊部隊の予備役
米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ国防総省と陸軍がM134ミニガン用保守部品に関する情報提供の告知 (2020-02-21 17:34)
 なぜ特殊部隊員たちはチームを去ってしまうのか……モチベーションの維持に悩む米軍 (2020-02-20 21:55)
 イスラエル軍の兵士がキノコ型ヘルメットカバー「ミツネフェット」をかぶる理由 (2020-02-19 19:29)
 コンゴ動乱で活躍した伝説的傭兵部隊の創設者、マイク・ホアー氏が100歳で死去 (2020-02-18 18:19)
 知られざる米特殊部隊の予備役 (2020-02-17 11:19)
 米海軍と海上自衛隊の兵站相互運用スタート (2020-02-16 09:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop