NEWS

米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開

海外軍事 Comments(0)
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
ジェネラル・ダイナミクスOTS社は先日、開発中の軽量中型機関銃(LWMMG)のプロモーション動画をYouTubeに投稿した。LWMMGは米軍特殊作戦司令部(SOCOM)や海兵隊への導入を目指しており、7.62mm機関銃と.50口径重機関銃のギャップを埋め、機動性と高い火力の両立を期待されている。

参考: 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 - ミリブロNews
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Photo from GD-OTS

使用される.338ノーマ・マグナム(NM)弾は1,000メートルでレベル3ボディアーマーや軽装甲を無効化でき、7.62mmNATO弾の実に4倍のマズルエナジーを持つ。弾道特性はより大型の.50口径に迫るもので、その有効射程は実に1,700メートルに及ぶ。
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Screenshot from GD-OTS YouTube video

総重量は約10kgほどで、5.56mmクラスほどではないが軽量な部類である。手持ちでの運用や、より小型の車両への搭載なども容易になる。
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Screenshot from GD-OTS YouTube video

なお有効射程が1,700メートルともなると肉眼のみでの照準は困難になる。なんらかの照準補助装置の使用が前提であることは間違いなく、電子補正式の光学照準器や、ARゴーグルなどの使用も間近であることが伺われる。

参考:米陸軍が「遠征戦士実験(AEWE)2020」で『EX321』弾道計算ライフルスコープを評価 - ミリブロNews

Source: The next generation - Lightweight Medium Machine Gun (LWMMG)

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201911
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
ロシア教育省が故カラシニコフ氏の生誕100周年に学校でAK-47小銃の分解・組み立て指導を推奨
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
 ロシア教育省が故カラシニコフ氏の生誕100周年に学校でAK-47小銃の分解・組み立て指導を推奨 (2019-10-31 12:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop