NEWS

米陸軍が「遠征戦士実験(AEWE)2020」で『EX321』弾道計算ライフルスコープを評価

海外軍事 Comments(0)
米陸軍が「遠征戦士実験(AEWE)2020」で『EX321』弾道計算ライフルスコープを評価
Photo from U.S. Army Expeditionary Warrior Experiments (AEWE)
「陸軍遠征戦士実験(AEWE: Army Expeditionary Warrior Experiments)2020」の実弾射撃レンジイベントがジョージア州フォートベニングでおこなわれた。
このイベントで、『タロン・プレシジョン・オプティクス(Talon Prescision Optics)』の「EX321弾道計算ライフルスコープ(Ballistic Calculating Riflescope)」と精密誘導火器システムが持ち込まれ、200~600メートルの未確認距離の中でその能力評価がおこなわれている。

関連記事:
アメリカ軍の次世代小銃・分隊支援火器には「デジタル照準器」が装備される
米陸軍が「遠征戦士実験(AEWE)2020」で『EX321』弾道計算ライフルスコープを評価
Photo from U.S. Army Expeditionary Warrior Experiments (AEWE)
タロン社は、射撃の素人でも確実に命中させる「魔法の狙撃システム」「Linux搭載ライフル」の開発で知られる「トラッキングポイント(TrackingPoint)」の新設企業。タロンのヘッドアップディスプレイ(HUD)およびトラッキングポイント社の技術は、スマートフォンまたはiPadを使用し、兵士は捕捉したターゲットをタグ付けすることで追跡しながらも視界を確保できる。

関連記事:
「アメリカン・スナイパー」夫人が NRA トップシューターとの射撃対決に「パーフェクト」勝利

米陸軍が「遠征戦士実験(AEWE)2020」で『EX321』弾道計算ライフルスコープを評価
Screenshot from U.S. Army Expeditionary Warrior Experiments (AEWE)
タロン社によるとEX321は、3-21xのデジタルライフルスコープとなっており、重量は3.17ポンド(約1.4キログラム)となり、火器プラットフォームに依存しないとのこと。また最大射程とその射撃精度を拡張することによって、兵士のリーサリティ―(殺傷性)向上に寄与するだけでなく、射撃技量の育成時間短縮や、消費弾薬の削減とそれに伴う運搬重量の軽量化にも繋がるとしてアピールしている。

関連記事:
TrackingPoint が IS・アルカイダと戦う米国戦士の支援を目的に最新スマート小銃 10 挺を無償提供

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop