NEWS

アメリカ軍の次世代小銃・分隊支援火器には「デジタル照準器」が装備される

海外軍事 Comments(0)
アメリカ軍の次世代小銃・分隊支援火器には「デジタル照準器」が装備される
Photo Credit: Erin Usawicz
This photo is for illustrative purposes only.
2018年の10月以来、各メーカーと試作協議に入っているといわれるアメリカ軍の次世代火器NGSW(Next Generation Squad Weapon)。非常に長い期間に渡って使われたM4小銃はNGSW-Rifleに、ミニミ等の分隊支援火器はNGSW-AR(Automatic Rifle)にそれぞれ置き換えられる予定であるが、このNGSWに使用される照準器について、各種情報を統合して弾道を算出する電子補正方式のものが開発されるという。
現代の歩兵はおおよそ目算で落差やリードを合わせて射撃する。対して電子補正式の照準器は風や大気の状態、銃身の過熱具合など弾道に影響を与える要素をすべて自動で計算し、最適な狙点を表示するものだ。

命中精度の向上によって実質的な攻撃力の向上はもちろん、各種照準器を統合することにより、命中精度向上のためのバイポッドや追加のサーマル照準器などが不要となるため、軽量にできるというメリットもある。

既に狙撃銃ではレーザー測距機と組み合わせた「弾道コンピューター」は一般的なものとなっており、自動小銃向けのものも各国で開発が進んでいる。実現可能性はすでに検証されており、既に「ハッキングによる誤射の可能性」を議論している段階である。

関連記事:
アメリカ海兵隊 Optics 1社のレーザーレンジファインダー「I-CUGR」を採用 - ミリブロNews
イスラエルのSmart Shooter社が開発した電子補正式の光学照準器「SMASH」で命中率が飛躍的に向上 - ミリブロNews
TrackingPoint のソフトウェアにハッキングの脆弱性、第三者が遠隔から精密射撃を阻害 - ミリブロNews

退役海兵将校で、現在は接近戦攻撃力タスクフォース(CCLTF)のリーダーを務めるジョー・レトワール氏によれば「デジタル照準器は分隊戦術に革命を起こす可能性がある。自分であればこれを装備した部隊と戦いたくない」という。

開発中のデジタル照準器は、こちらも開発中の歩兵向け拡張現実(AR)デバイス、IVASとの連携が計画されている。IVASはヘッドマウントディスプレイの一種で、様々な情報をゴーグルに表示できるようになるが、照準器からの映像も写すことができる。これを用いれば銃だけを遮蔽物から出して照準するということも可能になる。

関連記事:
SiOnyx社 米軍とデジタル視覚拡張システムの暗視センサ試作で2000万ドルの契約 - ミリブロNews

レトワール氏は「もしこうしたことが出来るようになれば、スタックなどの突入技術はどのように変化してしまうだろうか?現在の市街地戦で用いられる戦術はどうなってしまうだろうか?」と言う。分隊戦術が大きく変化することは間違いないようだ。

NGSW自体は27ヶ月以内の実射試験開始、IVASは2020年8月に試作終了を目標に計画は進行している。その性能は既に「遠い夢」ではなく、ごく近い将来の話となっている。

関連記事:
アメリカ軍が開発中の小火器用手ブレ補正システム「Aimlock」 - ミリブロNews

Source: Army's Next-Gen Squad Weapon to Feature Deadly Accurate Fire Control | Military.com

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201902
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop