NEWS

SiOnyx社 米軍とデジタル視覚拡張システムの暗視センサ試作で2000万ドルの契約

海外軍事 Comments(0)
SiOnyx社 米軍とデジタル視覚拡張システムの暗視センサ試作で2000万ドルの契約
Photo from Lockheed Martin
米軍がマイクロソフト、ロッキード・マーチンらと開発をすすめている統合視覚拡張システム(IVAS)のための暗視センサの試作について、SiOnyx社と2000万ドル分の契約を結んだ。
統合視覚拡張システム(IVAS)は様々な情報を一つのヘッドマウントディスプレイに統合するAR(拡張現実)技術。頭部、胴体、火器などに装着されたカメラの映像だけでなく、戦術情報なども表示することができる。以前、米軍が「Tactical Augmented Reality」としてコンセプトを公開している。

Tactical Augmented Reality - YouTube
関連記事:
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介

SiOnyx社はアメリカ・マサチューセッツ州を拠点に低光量環境用カメラセンサを開発する企業で、IVASの暗視カメラ用CMOSセンサを試作する。光電子倍増管を用いる従来の暗視技術ではなく、CMOSセンサからの信号を計算処理する、いわゆるデジタル暗視鏡技術となる。

カラーでHD解像度の暗視動画が撮影できるアクションカム「Aurora」など、既に民生用のデジタル暗視技術もリリースしている。

PVS-14 Gen 3 vs Aurora Color Night Vision Camera - YouTube

Source: US Army Awards SiOnyx $20 Million for Digital Cameras - Mönch Verlagsgesellschaft mbH

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201902
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop