NEWS

SiOnyx社 米軍とデジタル視覚拡張システムの暗視センサ試作で2000万ドルの契約

海外軍事 Comments(0)
SiOnyx社 米軍とデジタル視覚拡張システムの暗視センサ試作で2000万ドルの契約
Photo from Lockheed Martin
米軍がマイクロソフト、ロッキード・マーチンらと開発をすすめている統合視覚拡張システム(IVAS)のための暗視センサの試作について、SiOnyx社と2000万ドル分の契約を結んだ。
統合視覚拡張システム(IVAS)は様々な情報を一つのヘッドマウントディスプレイに統合するAR(拡張現実)技術。頭部、胴体、火器などに装着されたカメラの映像だけでなく、戦術情報なども表示することができる。以前、米軍が「Tactical Augmented Reality」としてコンセプトを公開している。

Tactical Augmented Reality - YouTube
関連記事:
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介

SiOnyx社はアメリカ・マサチューセッツ州を拠点に低光量環境用カメラセンサを開発する企業で、IVASの暗視カメラ用CMOSセンサを試作する。光電子倍増管を用いる従来の暗視技術ではなく、CMOSセンサからの信号を計算処理する、いわゆるデジタル暗視鏡技術となる。

カラーでHD解像度の暗視動画が撮影できるアクションカム「Aurora」など、既に民生用のデジタル暗視技術もリリースしている。

PVS-14 Gen 3 vs Aurora Color Night Vision Camera - YouTube

Source: US Army Awards SiOnyx $20 Million for Digital Cameras - Mönch Verlagsgesellschaft mbH

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201902
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討
米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始
米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給
レゴブロック(LEGO)のようなプラスチック・ブリックで造られた訓練施設
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討 (2019-06-25 19:03)
 米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始 (2019-06-25 18:42)
 米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中 (2019-06-25 13:32)
 米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト (2019-06-24 17:59)
 米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給 (2019-06-21 11:16)
 レゴブロック(LEGO)のようなプラスチック・ブリックで造られた訓練施設 (2019-06-19 14:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop