NEWS

ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し

海外軍事 Comments(0)

Foto:Bundeswehr / Jana Neumann
This photo is for illustrative purposes only.
軍用小火器マーケット注目のリプレイス案件、ドイツ陸軍のアサルトライフル『G36』の後継を巡る選定の最終結論が、「2019年上半期」に持ち越されることが分かった。
大手軍事情報サイトの「ジェーンズ(IHS Jane's Defence Weekly)」が軍関係者に対する取材で得たとして報じている。
ジェーンズによると、延期となった主要な理由として「競合企業の製品が試験されている陸軍のテストレンジで問題が起きた」と示している。

小火器開発の先進国ドイツを揺るがしたG36リプレイスの一件は、120,000挺、2億4,500万ユーロ(=約325億円)という一大ビジネス案件。
直近の情報によると選定レースは、ヘッケラーアンドコッホ(H&K)社の提案する『HK433』またはヘーネル・ディフェンス(Haenel Defense)の『MK556 Gen.2』のいずれかで決まると報じられている。

関連記事:
ドイツ連邦軍の「G36」後継小銃コンペは『HK433』と『MK556』の一騎打ちか

Source: Decision on the German Army’s next assault rifle is postponed to 2019


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
米陸軍弾薬工場(LCAAP)が新型『6.8mm口径弾』大量生産受けれ入れのための準備を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
 米陸軍弾薬工場(LCAAP)が新型『6.8mm口径弾』大量生産受けれ入れのための準備を計画 (2019-04-09 18:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop