NEWS

米軍の次期制式拳銃「XM-17」選定コンペに対しグロック社がやり直しを請求

海外軍事 Comments(0)
米軍の次期制式拳銃「XM-17」選定コンペに対しグロック社がやり直しを請求
Photo from SIG SAUER Instagram
先日、アメリカ陸軍が行った次期制式拳銃選定コンペはシグ社の「P320」が勝利を勝ち取ったと、全米の業界関係者が集まる見本市「SHOT SHOW 2017」の期間中に発表されたが、これに対しグロック社はコンペのやり直しを求めGAO(政府監査院)に申し立てを行った。申し立ての詳しい内容は不明。

関連記事:
米陸軍の次期制式ピストル (MHS) にシグ・サワー社の SIG P320 が選定
米軍の新制式ハンドガン「XM-17」にホローポイント弾頭が採用される可能性が高まる
シグ・サワー社が米陸軍の MHS 選定のレースに勝利を宣言
グロックは全米の法執行機関において高いシェアを持ち、最近は特殊部隊の一部での使用も見られるなど「本命」の呼び声も高かった。それだけに今回のシグ社の採用を疑問に思う声も大きい。同じくシグ vs グロックの構図となり、最終的にはP320の採用で決着がついたアメリカ移民・税関執行局のコンペでも同様の議論がみられた。

関連記事:
アメリカ移民・税関執行局の新制式拳銃SIG P320採用のプロセスに疑惑の噂

シグ社への傾倒は単なる「陰謀論」なのか、それとも80年代に登場したグロックシリーズが2014年にリリースされたシグP320に追随できていないことの現れなのか、注視したい状況である。

Sources: U.S. GAO - Bid Protest Docket
American Rifleman | MHS Update: Glock Protests SIG Sauer Result

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201703
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見 (2020-01-09 14:14)
 フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注 (2020-01-07 20:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop