NEWS

香港警務処 創設175周年、特殊部隊『SDU』による対テロ訓練展示

海外軍事 Comments(0)
香港警務処 創設175周年、特殊部隊『SDU』による対テロ訓練展示
「香港警務處(HKPF: Hong Kong Police Force)」が創設175周年を迎える中、1月12日におこなわれた特殊部隊『特別任務連(SDU: Special Duties Unit)』による対テロ共同演習・一般公開の映像が投稿された。

関連記事:
香港警察が俳優のマイケル・ウォンをナビゲーターに起用した特殊部隊「SDU」のPVを公開
SDUは「警察機動部隊(PTU: Police Tactical Unit)」隷下にあり、別名「飛虎隊(The Flying Tigers)」と呼ばれ、「対テロ」「人質救助」「重大犯罪」を専門に扱っている。

英国統治下の1974年に創設され、そのベースには旧宗主国の軍特殊部隊である「SAS」「SBS」の影響を受け、装備や戦術・戦技、選抜方法などが作られたと言われる。

①アクショングループ(アサルトチーム / ボートチーム)、②サポートグループ(医療支援チーム / 輸送チーム)、③管理グループ(通信や情報担当)で構成されており、香港政府に軍隊が存在しないため、警察組織でありながら軍事的任務も受け持つとされる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判
米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価
米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出
フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
 「5.56mmでは威力不足」独H&K社が国防相向け書簡で次期制式小銃の選定プロセスを批判 (2019-05-17 19:15)
 米マーシャル『特殊作戦群(SOG)』がサロモン製ブーツ2種の購入を計画。「10年間で最も満足する製品」と高評価 (2019-05-17 17:51)
 米海兵隊が新たな『分隊共通オプティクス(SCO)』取得の情報提供依頼書(RFI)を発出 (2019-05-14 15:37)
 フランス海軍特殊部隊「コマンドー・ユベル」の隊員2名がブルキナファソの人質救出作戦で戦死。人質4名を救出 (2019-05-13 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop