NEWS

ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に

海外軍事 Comments(0)
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
ドイツ銃器製造大手の「ヘッケラーアンドコッホ(Heckler & Koch)」社が、民間向けのオーダーを受け付けない方針を発表した。期間は定められていない。

背景には世界中の軍隊から引き合いが寄せられた、ライフル、ピストルの受注残をこなして納品することを優先課題に挙げている。
これまでに報道されたここ最近におけるH&K社の各国軍法執行機関向け受注リストは以下の通り。
フランス軍 HK416F×102,000挺
イギリス軍 SA80A3アップグレード×44,000挺
アメリカ海兵隊M27 IAR×最大50,814挺 & 15,000挺
アメリカ海兵隊 M38
アメリカ陸軍 M110A1×最大3,643挺
ドイツ・ベルリン警察 SFP9TR×24,000挺

また、この他に進行中であると報じられている案件は以下の通り。
フランス軍 FR-F2リプレイス案件×2,600挺
ドイツ軍 G36 リプレイス案件×120,000挺
日本・自衛隊 次期拳銃(VP9が候補の1つ)

Source: Heckler & Koch Germany Not Accepting Commercial Orders Indefinitely

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop