ヘッケラーアンドコッホ社がイスラエル向け販売を禁止

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ヘッケラーアンドコッホ社がイスラエル向け販売を禁止
Photo from Heckler & Koch
「世界で初めての倫理的な銃器メーカーだ」と評されたドイツ銃器メーカーのヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)社。既報の通り、同社は年次報告書の中で独自に販売方針の見直しをおこなっており、下記3項目の分類に該当しない国に対しての輸出を見合わせることを打ち出している。

①NATO加盟国
②「NATO加盟に相当」である日本、オーストラリア、ニュージーランド、スイスや国際的に透明性の高い国
③英国の国際経済誌であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニットによる民主主義指数から判断された国

関連記事:
ドイツHK社は「世界初の倫理的な銃器メーカー」?3分類の国別販売基準が明らかに
今回明らかになった販売方針の中で、「イスラエル」もその販売禁止リストに該当していたことが、当のイスラエル国内メディアはもとより、敵対するイランなど周辺国のメディアで大きく取り上げられている。

その内の1つ、大手紙のエルサレムポストによると、今回のイスラエル向け販売が禁止されたことについて、HK社からの正式な返答が無かったことが示されている。また同紙は、ドイツ経済省に対するメール取材の内容を掲載しており、そこには「メディアで報道されているHK社の路線変更について我々は承知はしているものの、一企業の試行や方針についてコメントする立場にはない」と回答が寄せられていたことが示されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop