NEWS

米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ

海外軍事 Comments(0)
米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ
Screenshot from Immigration and Customs Enforcement (ICE) official YouTube channel
This photo is for illustrative purposes only.
米国国土安全保障省(DHS)の「移民税関執行局(ICE: Immigration and Customs Enforcement Bureau)」が、軍用ライフルの配備を現在の2倍以上に増強させている実態が明らかとなった。国内進歩主義のネットメディア「ザ・ヤング・タークス(TYT)」が報じている。
連邦調達情報によるとICEは、コルト社との間で1,500万ドルの一括契約により、8,000挺のM4ライフルの供給と保守管理をおこなうことにサインしている。現在までにICEは5,000挺を所有していることから、今回の追加契約によって計13,000挺ものM4ライフルを持つことになる。
ICEは現在、トランプ政権の厳しい反移民政策を強化する役割を果たしている。そのため、米国の法執行機関の軍事化の長期的傾向に繋がっているという見方があるようだ。

またTYTによるとICEは、シカゴ地域でM4をはじめとした軍用の武器を使った訓練場を探しているようで、具体的な部署・部隊に関する記述こそないものの、「毎年1度は訓練を受ける必要性があり、四半期毎に最大で160名の職員が訓練を受ける」としている。

ERO Special Response Team
契約を交わした訓練レンジでは、国境管理の実動部隊である「退去強制執行(ERO: Enforcement and Removal Operation:)」の「特別対応チーム(SRT: Special Response Team)」も利用することになる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop