NEWS

インド陸軍が米国製小銃を取得予定。シタラマン国防大臣がSIG Sauer製品×73,000挺の調達を承認

海外軍事 Comments(0)
インド陸軍が米国製小銃を取得予定。シタラマン国防大臣がSIG Sauer製品×73,000挺の調達を承認
U.S. Army photo by Sgt. Michael J. MacLeod
This photo is for illustrative purposes only.
インド陸軍の歩兵部隊において、73,000挺のアサルトライフルを調達するという長年の提案について、国防省が「米国製品」を火急に取得することで調整を図ったことが明らかとなった。
全国通信社『プレス・トラスト・オブ・インディア(PTI: Press Trust of India)』によると、ニルマラ・シタラマン(Nirmala Sitharaman)国防大臣は、「中国との国境線にシグ(SIG Sauer)社のライフルを配備することを承認した」と伝えている。

インド陸軍が米国製小銃を取得予定。シタラマン国防大臣がSIG Sauer製品×73,000挺の調達を承認
Photo: SIG716 Patrol
This photo is for illustrative purposes only.
昨年秋に報道があった通り、陸軍は「歩兵にとっての最優先課題だ」として、新制式小銃にシグサワー(米国)製アサルトライフル『SIG716』を、また閉所戦闘(CQB)用カービンモデルにアラブ首長国連邦(UAE)のカラカル(Caracal)製『CAR816』を採用するプランを急浮上させている。

関連記事:
インド陸軍の新制式小銃に米シグ製『SIG716』&カービンにUAEカラカル製『CA816』選定の可能性が急浮上

シタラマン国防相の承認を受けた同省関係者は、「契約は1週間以内で完了が見込まれている」「米国シグ社は契約締結日から1年以内に当該小銃をデリバリーする必要がある」し、一方の軍関係者は「この米国製小銃が国産『INSAS』ライフルをリプレイスすることになるだろう」と語っているという。

Source: Defence Ministry Approves Procurement Of 73,000 Assault Rifles From US

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop