NEWS

SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介

海外軍事 Comments(0)
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
フロリダ州タンパで20日~23日を会期として恒例の『特殊作戦部隊産業会議(SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference)2019』が開催となり、米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)取得部門の幹部が、『統合戦術強襲用軽量オペレータースーツ『TALOS(Tactical Assault Light Operator Suit)プロトタイプ』のパネルを紹介した。

関連記事:
2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』

統合TALOSプロトタイプ
・3Dオーディオ
・ルックダウン型ディスプレイ
・発砲検知機能付き戦闘服
・防弾バッテリープレート
・軽量ポリエチレン製アーマー
・生体監視機能付きシャツ
・代謝損失削減システム
・小火器の安定化
「アイアンマン計画」としても知られる「タロス(TALOS)」計画については、今年2月にその最新版プロトとなる『Mk.5 戦闘スーツ』の開発目途が立たず、「近接戦闘環境での運用には適していない」「スーツ全体の相互接続性がうまく機能しない」として終焉が報じられている。
5年間・8,000万ドル(=約89億円)超を費やしたこの取り組みは、昨年のSOFICでローンチとなった新コンセプト『Hyper-Enabled Operator』に受け継がれており、そのイテレーション(反復)作業が続けられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名
「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討
米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始
米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名 (2019-06-26 11:27)
 「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討 (2019-06-25 19:03)
 米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始 (2019-06-25 18:42)
 米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中 (2019-06-25 13:32)
 米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト (2019-06-24 17:59)
 米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給 (2019-06-21 11:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop