NEWS

2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』

海外軍事 Comments(0)

米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)主導で開発が進められている、次世代の戦術強襲用軽量オペレータースーツ『TALOS(Tactical Assault Light Operator Suit)』。フロリダ州タンパで開催された『特殊作戦部隊産業会議(SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference)2018』の席上、2019年にお披露目となる次期試作モデル『Mark V』に関する資料が発表された。会場に足を運んでいた大手軍事ニュースサイト「ディフェンスニュース」のレポーター、ジェン・ジャドソン(Jen Judson)氏がTwitterでそのスライド写真を投稿している。

Photo from Jen Judson official Twitter
紹介されたその資料には、SF映画やビデオゲームさながらの未来的フォルムをした兵士像が描かれており、TALOSの目指す最終形態について以下の4項目に渡る概要が示されている。
それによると、①軽量で防護性に優れた生存性の向上を図り、②重量負荷の軽減を図りつつも、ヒトの能力を超越した身体パフォーマンスを獲得し、③極めて高い精度を誇る攻撃性能を拡充し、④ミッションの目的に則してリアルタイム情報を得ながら、システムの統合化を図ることで周辺状況の認識能力向上を図るとのこと。

このTALOSマークファイブについては、計画トップを務めている陸軍のジェームス・ミラー(James Miller)大佐が、SOFIC開催に先駆けて「国防産業協会(NDIA: National Defense Industrial Association)」のメールインタビューで言及している。ミラー大佐はその中で、「多くのイテレーション(反復)作業を繰り返しながら、更なる仕様の盛り込みをおこなう」としながらも、「2019年には駆動可能な外骨格のプロトモデルを披露する」と明かしていた。

関連記事:
米軍特殊部隊用「アイアンマンスーツ」こと『TALOS』試作に1年の遅延。2019年に最新版『Mark-5』がデビュー


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop