『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加

海外軍事 国内軍事関連 Comments(0)

Flintlock 2018 wrap-up video
米国アフリカ軍(AFRICOM)による最大・最高峰の年次特殊作戦部隊演習『フリントロック19(Flintlock 2019)』が、2月18日から3月1日を会期とし、ブルキナファソ、モーリタニア内の複数個所でおこなわれる。
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
Photo by Staff Sgt. Jeremiah Runser
This photo is for illustrative purposes only.
アフリカ・トランスサハラ地域の主要なパートナー諸国が、過激派・テロリストなどの脅威に対抗して国境を守り、地域の人々に対して安全提供能力の向上を図る為におこなわれるもので、西側諸国の軍特殊部隊や法執行機関などがそれに寄与する。

今年の演習には、アフリカ、西側諸国より延べ30ヶ国から2,000名以上が参加する。
アフリカ諸国:
アルジェリア、ベニン、ブルキナファソ、カメルーン、カボベルデ、チャド、ガーナ、ギニア、ギニアビサウ、マリ、モーリタニア、モロッコ、ニジェール、ナイジェリア、セネガル、チュニジア
西側諸国:
アメリカ、オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、フランス、イタリア、日本、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スイス、イギリス

『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
Screenshot from AFRICOM official movie.
西側諸国の中には日本の記載が確認できる。
日本の参加を受けた海外(英語圏)の軍事メディアは、「日本の特殊部隊が国際的な露出を更に拡大するよう設定されている」「自衛隊の特殊部隊はオブザーバーだろう」と紹介している。

関連記事:
陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か

Source: Flintlock 2019 Announced By U.S. Africa Command Public Affairs, United States Africa CommandStuttgart, GermanyJan 28, 2019

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表
NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発
イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発
米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
 台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表 (2021-08-03 18:51)
 NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発 (2021-08-01 18:04)
 イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発 (2021-07-31 16:21)
 米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収 (2021-07-30 13:58)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop