海自特殊部隊「特別警備隊」らしき姿も…連合海上部隊がソマリア沖海賊対処任務の写真を投稿

国内軍事関連 Comments(0)
海自特殊部隊「特別警備隊」らしき姿も…連合海上部隊がソマリア沖海賊対処任務の写真を投稿
Photo from Combined Maritime Force
ソマリア沖で活動している海上自衛隊の姿を捉えた写真が、連合海上部隊(CMF: Combined Maritime Force)のSNSに投稿された。
北部の港町ベルベラの北側に広がる国際水域で21日、海上自衛隊の護衛艦てるづき(JS Teruzuki, DD-116)が小型平底船を発見。高速ゴムボートで近付き確認したところ、7日間に渡って沖合を彷徨っていたという船内には、燃料だけでなく、水と食料も切らしていた。

海自特殊部隊「特別警備隊」らしき姿も…連合海上部隊がソマリア沖海賊対処任務の写真を投稿
Photo from Combined Maritime Force

海自特殊部隊「特別警備隊」らしき姿も…連合海上部隊がソマリア沖海賊対処任務の写真を投稿
Photo from Combined Maritime Force
投稿された写真には、オプスコア(Ops-Core)FASTヘルメットを被り、真っ黒なベストを着用した、海上自衛隊の特殊部隊「特別警備隊(SBU: Special Boarding Unit)」らしき隊員の姿がある。ナイロン装備はいずれも西側諸国の最新トレンドから1世代ほど遅れたものを身に着けている。
また、更に時系列を遡った「オペレーション・サムライソード(Samurai Sword)」の写真には、MP5を携行する操舵手の姿も確認できる。

護衛艦てるづきは、ソマリア沖の海賊に対処する多国籍艦隊、第151合同任務部隊(CTF-151: Combined Task Force 151)に参加している。

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
防衛省が陸上自衛隊向け新小銃・拳銃の選定理由等を公表
陸上自衛隊の新小銃に豊和工業製『HOWA5.56』、新拳銃にH&K製『SFP9』が選定
『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 防衛省が陸上自衛隊向け新小銃・拳銃の選定理由等を公表 (2019-12-26 20:14)
 陸上自衛隊の新小銃に豊和工業製『HOWA5.56』、新拳銃にH&K製『SFP9』が選定 (2019-12-09 12:35)
 『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了 (2019-11-20 15:36)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop