NEWS

ターゲット車輌を傷付けることなく強制停止。英ジャンケル社がテレダインe2v社のRFセーフストップを実装

海外軍事 Comments(0)
英国ウースターシャーのスロックモートン飛行場でジャンケル社が、テレダインイーツーブイ社( Teledyne e2v Ltd)の安全停止技術「RF Safe-Stop(セーフストップ)」を統合化させた車輌のデモンストレーションをおこなった。

関連記事:
ジャンケルが市販車に取り付けることができる新型装甲ユニットを開発

Image from Jankel
昨年のユーロサトリで初展示されたこの統合システムは、ハイパワーRF・マイクロ波デバイスの技術を使い、地上、上空、海上で移動するターゲット・ヴィークルを、安全な距離をおいてコントロールしながら、非接触の内に停止させるというもの。

UAVを相手にした場合で最大400メートル、陸上車輌の場合は最大50メートル、洋上を移動するパトロール船では50メートルほどの距離を置いても停止させることができるという。

この技術を使うことで、ターゲット・ヴィークルやその乗員の損傷・損害だけでなく、強制停止における附随リスクの低減を図ることも可能になり、対テロ作戦での活用に期待が寄せられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop