NEWS

ナイツ・アーマメント(KAC)が新型中機関銃「ストーナーMMG」の試作モデルを発表

海外軍事 Comments(0)

Photo: Knight's Armament Company
9日~11日に掛けてワシントンD.C.で開催された米陸軍協議会(AUSA: Association of the United States Army)の会場で、ナイツ・アーマメント社(KAC: Knight’s Armament Company)が、新型中機関銃の「ストーナーMMG(Stoner Medium Machine Gun)」の試作モデルを発表した。

7.62mm NATO弾を使用するもので、「クラス最軽量」を謳う「軽さ」と、アサルト(襲撃)用途を想定した「コンパクトさ」「低リコイル」がウリ。

関連記事:
ナイツ社 5.56mm口径の超軽量機関銃を発表
大手軍事情報サイトのジェーンズによると、ストーナーMMGはゼロから設計されたとのことで、フロントからレシーバーに掛けたトップにはピカティニー規格レイルが、またフロントの左右両面にはM-LOK仕様とすることで拡張性を持たせている。また、素早く取り換え可能なバレル機構に特徴を持ち、誤操作防止の観点からバレルのリリースキャッチはレシーバートップに配置されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop