NEWS

カラシニコフ社が『AK-12』フルオート射撃による耐久実験の映像を公開

海外軍事 Comments(0)
カラシニコフ社が『AK-12』フルオート射撃による耐久実験の映像を公開
ロシア銃器メーカー「カラシニコフ(Concern Klashnikov)」社が、「武器破壊(Destroyers of Weapons)シリーズ」として5.45×39mmの新小銃『AK-12』を使ったフルオート射撃による耐久実験の映像を公開した。

関連記事:
サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開
AK-12は陸軍の個人装備刷新計画「ラートニク(Ratnik)」の一部として、2011年から当時のイズマッシュ(Izhmash)社で開発が始まり、2018年に制式採用。国防省によってGRAUコード(兵器分類記号)「6P70」が割り振られている。

関連記事:
ロシアが新小銃「AK-12」「AK-15」×計15万挺を発注。陸軍は2021年までの3ヶ年を掛けて受領予定

30連弾倉を次々と撃ち尽くす中、300発を超えた辺りからマズルブレーキとバレル付近に赤味を帯び、500発を超えるとハンドガード付近で発火。その後も連射は完全機能を果たすも、680発を数えたところで停止に至っている。
カラシニコフがおこなった事後分析によると、バレルアッセンブリとハンドガードがダメージを受けたものの、レシーバーの部品は全てススが溜まったに過ぎなかったという。

Как убить АК-74М? Стрельба очередями | Разрушители оружия
今回の実験に先立ってカラシニコフは先月、「AK-74M」を使った同様の耐久実験をおこなっている。その際のカウンターは587発で停止。AK-12が100発近く上回る結果となった。
これらの結果は、両小銃共に軍の掲げた要件「180発以上のフルオート射撃」を大幅に超過することを示している。

関連記事:
ロシア陸軍中央軍管区が近代化改修版AK-74M自動小銃6,000丁を受領

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop