NEWS

ロシアが新小銃「AK-12」「AK-15」×計15万挺を発注。陸軍は2021年までの3ヶ年を掛けて受領予定

海外軍事 Comments(0)

Photo from Kalashinkov
ロシア国防省がカラシニコフ(Kalashnikov Concern)社に対して、『AK-12(6P70)』『AK-15(6P71)』アサルトライフル×15万挺の発注をおこなった。
インテルファクスによると、陸軍は2019年から2021年までの3ヶ年を掛けて、年間5万挺ずつ受領する見込み。なお、AK-12とAK-15がどのくらいの割合で部隊に供給されるかは明らかとなっていない。

関連記事:
ロシア国防省がカラシニコフ・コンツェルンのAK-12とAK-15自動小銃を制式採用
AK-12は、将来型歩兵用戦闘キット「ラートニク(Ratnik)」の一部として開発が進められており、昨年12月20日にはカラシニコフ社が自社メディアポータルを通じて、「国家防衛用の一環で、AK-12の第一陣・25,000挺を出荷した」と明かしている。

ロシアの新小銃はこれまでに、AK-12、AK-15の他、デグチャレフ名誉工場の「AEK-971」についてもテストが重ねられ、いずれも採用されたことが報じられている。元連邦政府副首相で現在は国営宇宙開発企業「ロスコスモス(Roscosmos)」のトップを務めているドミトリー・ロゴージン(Dmitry Olegovich Rogozin)氏は2017年に、「AEK-971は特殊部隊用途になるだろう」と述べている。

カラシニコフ社によると、「AK-12はAK-74Mを徐々にリプレイスを図るものであり、国防省が唯一の顧客だ」としている。その一方で、世界武器取引分析センター(CAWAT: Center for Analysis of World Arms Trade)の報告によると、昨年12月18日のカタール建国記念パレードにおいてAK-12が目撃されていることから、同国が最初の輸出国になったとみられている。

関連記事:
「アルメニア」が世界で最初のロシア『AK-12』アサルトライフルを購入する外国に

Source: Минобороны РФ получит 150 тыс. новых автоматов Калашникова за три года, Минобороны РФ получит более ста тысяч АК-12 и АК-15 за три года

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop