NEWS

サウジアラビアがカラシニコフ製アサルトライフルの製造に関する「初期ライセンス契約」を締結

海外軍事 Comments(0)

Photo from Concern Kalashnikov
新たな契約締結の下、サウジアラビアがロシアのアイコン的存在であるカラシニコフのライフルを製造することになることが分かった。

ロシア国営兵器輸出企業である「ロスオボロンエクスポルト(Rosoboronexport)」社は5日、「サウジアラビア軍事産業(SAMI: Saudi Arabian Military Industries)」との間で、カラシニコフ(Kalashnikov Concern)製アサルトライフルの製造に関する「初期ライセンス契約」を交わしたことを明かした。契約には「AK-103」アサルトライフルと弾薬を多種多様な目的のために製造することが記されている。
AK-103は、NATO加盟諸国の軍隊で広く使用されている 5.56×45mm弾や旧ソ連製5.45×39mm弾を上回る貫通力を持つ、7.62×39mm弾を使用するフルサイズのアサルトライフルであり、ロシアの法執行機関特殊部隊などで使用されている。また、ロシア国外では、リビア、パキスタン、ベネズエラ、インドに供給され、エチオピア、ベトナム、ベネズエラではライセンス生産がおこなわれている。

一連の報道によると、今回の契約締結は、兵器の生産体制を強化し、その過程の中で1,700もの雇用を創出したい考えのカラシニコフ社が、民間部門の投資を誘致しようとしていたことから始まっているとのこと。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop