NEWS

2017年に配備が開始されるロシアの大口径狙撃銃「Kord-M」とは?

海外軍事 Comments(0)

Photo: Kord-M 12.7mm sniper system 6S8 by Vitaly Kuzmin
ロシアの日刊紙Izvestiaによると、新型の大口径狙撃ライフル「Kord-M」のロシア軍への配備が2017年に開始される。
Kord-MはV・A・デグチャレフ(V.A.Degtyarev Plant)で設計された大型対物ライフル「KSVK 12.7」を改良したもの。ブルパップ方式のボルトアクションライフルで使用弾薬は12.7x108mm。5連発のボックスマガジンを備え、オフセットされた光学照準器が特徴。

全長1420mm、銃身長1000mmというサイズだが、重さはKSVKの12.5kgから10.0kgに軽量化されている。これはバレットM82より軽く、大型対物ライフルとしては最軽量クラス。徒歩での運搬・運用も十分可能になるという。

ロシア軍でのテストは終了しており、最初の納入分が2017年に特殊部隊と空挺部隊、山岳歩兵師団に配備される。専用弾薬による2000mの有効射程を活かし、重火器や軽装甲車両の排除を担うことになるだろう。

Text: 乾宗一郎 - FM201701

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop