NEWS

米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け

海外軍事 Comments(0)
米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け
Photo by Lance Cpl. Justin Toledo
This photo is for illustrative purposes only.
米海兵隊が、歩兵向けの軽量な統合頭部防護プラットフォーム『IHS(Integrated Helmet System)』の取得に向けた情報提供を呼び掛けている。

IHS取得の背景には、長期間の展開時にヘルメットへの取り付けで増え続けている電子機器とその電源および接続用ケーブルに対して、嵩張りを最小限に抑え最適化された構成を模索していることが挙げられている。

関連記事:
米海兵隊の一般部隊も「オプスコア」ヘルメットを採用?システム司令部は公式に否定
水平に放たれた毎秒1,400フィート(約427メートル/秒)の9mm FMJ RN弾に対する防弾性能の他、具体的に求められているその他装備との互換性は以下の通り。

・コミュニケーション/聴覚保護
・外付けバッテリー部品を含むナイトビジョン装置
・電源ケーブル管理または電力転送
・アイプロテクション(視覚保護)
・CBRN(化学・生物・放射性物質・核兵器)用マスクとカバー
・海兵隊の標準被服
・酸素供給マスク
・補助装置を取り付けるためのレールシステム
・ボディアーマー

また重量についてはサイズ別で以下の要件となっている。

Sサイズ:2.91ポンド(約1.32キログラム)
Mサイズ:3.03ポンド
Lサイズ:3.28ポンド
XLサイズ:3.84ポンド

応札事業者に対しては、契約成立から180日後と予想される初品試験(FAT: First Article Test)で、最低でも年産24,000セットの製造能力が求められている。

海兵隊システム司令部は、10ページを最大とした書類を添えて、7月5日正午までを回答期限と定めている。

関連記事:
米海兵隊の全隊員に「改良型戦闘ヘルメット(ECH)」が支給へ

Source: Integrated Helmet System RFI

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop