NEWS

インド・ロシア共同事業『AK-203』製造トップに、インド陸軍少将がCEO就任へ。INSASリプレイスを加速

海外軍事 Comments(0)
インド・ロシア共同事業『AK-203』製造トップに、インド陸軍少将がCEO就任へ。INSASリプレイスを加速
Photo from ADGPI - Indian Army
インドが、ロシア・カラシニコフ(Kalashnikov Concern)社とのジョイントベンチャー創設に当たって、その工場トップに陸軍のサンジーヴ・センガー(Sanjeev Sengar)少将を任命する人事発表をおこなった。

関連記事:
インド国営造兵工廠(OFB)がロシア・カラシニコフ社との間で『AK-203』×75万挺の合弁事業を始動
Kalashnikov AK 203 - new assault rifle for Indian forces
センガー少将のCEO任期は4年間となり、北部ウッタル・プラデーシュ州アメイーの国営コルワ(Korwa)造兵工廠で指揮を執る。国営造兵工廠(OFB: Ordnance Factory Board)隷下の工場トップに軍服姿の陸軍将校(uniformed officer)が就任するのは、ここ数十年のインド軍史上で初めての事例。
株式の所有比率は、OFBが50.5%と過半数を超えるのに対して、ロシア側はカラシニコフ社が42%、ロソボロネクスポルト(Rosoboronexport)が7.5%となっている。

インドは「インド主導権による製造(Make in India initiative)」をスローガンに掲げ、またOFBからインド人CEOを割り当てるとして、ロシアとのジョイントベンチャー創設を決定。背景には、陸軍で予てよりの懸案として挙がっていた、OFB製造による低品質な国産制式小銃「INSAS(Indian Small Arms System)」の問題と、調達スケジュールが挙げられている。

陸軍は今年2月に、「SIG-716」小銃×72,400挺の調達契約にサインしているが、今回のロシアとのジョイントベンチャーが軌道に乗れば、それに上乗せして、AK-203小銃×65万挺の取得を要求するとみられている。

関連記事:
インド陸軍が米国製小銃を取得予定。シタラマン国防大臣がSIG Sauer製品×73,000挺の調達を承認

陸海空の三軍では、小銃・軽機関銃といったこれら個人携行火器の近代化に向けて、1,200億ルピー(約1,892億円)の投入を計上しているという。

Source: Army chief’s new experiment — Major General is CEO of AK-203 rifle factory in Amethi

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表
NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発
イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発
米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
 台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表 (2021-08-03 18:51)
 NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発 (2021-08-01 18:04)
 イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発 (2021-07-31 16:21)
 米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収 (2021-07-30 13:58)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop