NEWS

光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』

海外軍事 Comments(0)
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
イスラエル「マコ・グループ(Mako Group)」傘下にある「メプロライト」の米国法人『Meprolight USA』が、近未来感溢れる仕様の新製品『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』を発表した。
同社によるとメプロ・フォーサイトは、「光学照準器市場で初めての「拡張現実感」を持ったウェポンサイト」になるとのことで、来る1月22日から25日に掛けて、米国ラスベガスで開催される「2019 US SHOT Show」においてお披露目を迎える。
なお余談になるが、会期中の同社ブースには、YouTubeで数々の驚愕射撃テクニックを披露してきたイタリア人シューター「インストラクター・ゼロ(Instructor Zero)」氏がゲストに迎えられ、訪問者からのサインや記念撮影に応じるとの情報がある。

光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
メプロ・フォーサイトの全体重量は280gとなり、最大の特徴を持つディスプレイ・ウィンドウは33x20mmの大きさ。この画面に射手が直面する様々な環境を想定し、その最大限の射撃支援をおこなうため、5種類の表示レティクルをはじめ、コンパスや水平器といった内蔵センサーの他、電池残量(USB-Cポート経由での充電式)、Bluetooth接続状況が映し出される。
また将来的には、ソフトウェアのアップデートによって「発射弾数」の表示も実現させるとしている。なお内蔵センサー類については自動調光機能が備わっており、専用アプリを介して最大10種類のゼロイン調整を保管することができるという。

2019年4月発売予定、メーカー希望小売価格は714ドル(=約7.8万円)。

関連記事:
イスラエル製品代理店 Mako Group が EOTech 製品を対象とした挑戦的な下取りキャンペーンを発表

Source: Meprolight’s New Mepro Foresight ‘Augmented Reality’ Reflex Sight, Meprolight USA® SHOT Show Debut; Repositioning a New Leader in Optics Solutions for the US Market

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop