NEWS

米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画

海外軍事 Comments(0)
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
Photo by Spc. Jacob Krone
This photo is for illustrative purposes only.
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-Crane)が、『精密可変倍率スコープ(P-VPS: Precision Variable Power Scope)』の取得を計画している。
連邦事業機会(FBO)によるとP-VPSは、固定価格(FFP)で5年間の数量未確定契約(IDIQ)となり、「スタンダード」と「ロングレンジ」の2種を単独または両方を最低でも20セット、最大では3,000セットの要求数量が示されている。
なお応答事業者については、2019年3月15日の期限が設定されている。

関連記事:
米海軍海上戦闘センター・クレーンが『S-VPS』にナイトフォース製スコープ最大24億円の購入を発表
P-VPSについては昨春に、軍特殊作戦司令部(SOCOM: Special Operations Command)が「精密照準レーザー(PAL: Precision Aiming Laser)」と共にその取得計画に関する情報依頼書(RFI)が発出されている。

関連記事:
米軍特殊作戦司令部が次世代スナイパーライフル用の光学機器を計画。先進狙撃銃(ASR)と関連か?

当時の情報を振り返ってみると、P-VPS/PALは無線データ転送機能や内蔵スコープディスプレイ、リアルタイム弾道計算表示に特徴を持つ、可視光・赤外線ポインター/イルミネーターとレーザー測距器を備えた可変式ライフルスコープであることが分かる。
重量は4ポンド(=約1.8キログラム)以下とし、ピカティニー規格レイルでの取り付けを可能として実射2,000発の耐久性能を持つことが求められている。また、非反射カラーで、66フィート(=約20メートル)の浸水に2時間耐える防水性を持ち、ズームに合せてレティクルの大きさが変わる「ファーストフォーカル(FFP: First Focal Plane)」方式として「3~25倍率」であることが示されている。

Source: PRECISION-VARIABLE POWER SCOPE

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop