NEWS

米海軍水上戦センターが謎のハイドロフォイル艇の動画を一時公開し削除

海外軍事 Comments(0)
米海軍水上戦センターが謎のハイドロフォイル艇の動画を一時公開し削除
Image from NSWC YouTube Channel via Twitter
海軍とその他特殊部隊の装備の研究・開発を行っている米海軍水上戦センターが、YouTubeチャンネルで試作と思われるハイドロフォイル艇の動画を一時公開、その後削除していたことが明らかになっている。
こちらがその動画。水中に翼を展開する「ハイドロフォイル」式と見られる。

ハイドロフォイル艇は、航行中に水中の翼の角度を変化させることで、飛行機のように船体を持ち上げることができる。水との接触部分が減少することで抵抗が少なくなり、より高い速度で航行できる。

80~90年代にかけて、米海軍はハイドロフォイル式のペガサス級ミサイル艇を運用、一般的なミサイル艇よりも遥かに速い48ノットという高速を活かし、カリブ海で麻薬の密輸を取り締まりに使用した。

今回公開されたハイドロフォイル艇の正体は不明だが、いくつかの特徴からMk Mod 2高速強襲艇の船体を利用していると見られる。Mk Mod 2はその後、ステルス機能を高められたCCA(戦闘員突撃艇)に置き換えられており、余剰の船体を使ったものと考えられる。

米海軍水上戦センターが謎のハイドロフォイル艇の動画を一時公開し削除

Source: The U.S. Navy Has Unveiled A New Hydrofoil, Its First In Decades - The Drive

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201905
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop