NEWS

オプスコア(Ops-Core)ヘルメットに特殊部隊用の新作「FAST SFスーパーハイカット」が追加

海外軍事 Comments(0)

Photo from Gentex Ops-Core
各国特殊部隊が御用達の「オプスコア(Ops-Core)FASTヘルメット」に、新作『FAST SFスーパーハイカット・ヘルメットシステム』が加わった。FAST SFは、米軍特殊作戦司令部(USSOCOM: US Special Operations Command)主導のヘルメット・アップグレード計画に提案中の製品で2018年5月にリリース予定。

関連記事:
米軍特殊作戦司令部が「オプスコアFASTヘルメット」のリプレイスを企図した最大108億円超の提案依頼書を発出
名称にもある通りのスーパーハイカット形状で、最先端カーボン素材、単向性ポリエチレンとアラミド繊維のハイブリッド複合材料を使ったバリスティックモデル。その前身である「FAST マリタイム(MT: Maritime)」と防護性能面において踏襲しながらも、8%の軽量化を実現している他、成形通気孔による熱ストレスの軽減策、レール、インナーパッド形状、シュラウド設計の変更などが講じられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop