NEWS

南アフリカ警察の所有銃器×800挺以上が1年間で所在不明に。その他政府関係機関を含めると1,000挺規模に

海外軍事 Comments(0)

Screenshot from South African Police Service (SAPS)
南アフリカ警察(SAPS: South African Police Service)が8月31日付けで、2017~2018年度における国内治安の状況とそれに対応する活動をまとめた年次報告書を発出した。
報告書の中で、所在不明となっていた政府関係機関の所有する銃器×469挺を回収したことが示されている。その内訳としては、SAPS×358挺を筆頭に、内務省の矯正部門(Department of Correctional Services)や道路交通省、国防省、国立公園管理当局、司法省などSAPS以外の機関が111挺であったとしている。

一方で同じ期間中に合計800挺以上に及ぶSAPS所有の銃器とその他政府関係機関の所有する186挺もの銃器が盗難に遭った、若しくは所在不明になったことが示されている。

これら所在不明となった政府所有の銃器が悪党の手に渡り、更なる犯罪を助長しないよう警戒を強めているという。

関連記事:
入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop