安倍首相が豪首相と共に陸自「特殊作戦群」を視察。現職首相による特戦群の視察と外国首脳への公開は初めて

国内軍事関連 Comments(0)

Screenshot from Australian Army
Image is for illustration purposes only.
18日朝、オーストラリアのマルコム・ターンブル(Malcolm Turnbull)首相が、安倍晋三首相との年次首脳会談のため来日した。
東京・市谷本村町の防衛省に到着した両首脳は、午前10時8分に陸上自衛隊のVIPヘリコプターで飛び立ち、同22分に千葉県の陸上自衛隊・習志野演習場を視察のため訪れている。
両首脳が演習場到着後、真っ先に視察したのは陸上自衛隊で唯一の特殊部隊である「特殊作戦群」の訓練。日本の現職首相による特殊作戦群の視察自体が初めてとなり、外国首脳への公開も初めて。

Photo from Official Australian Government in Japan
当日の視察スケジュールからは、特殊作戦群の視察は2度おこなわれたことが分かる。
①10時25分からおこなわれた特殊作戦群の訓練視察はおよそ12分間で、その後にオーストラリア製の輸送防護車「ブッシュマスター」などの装備品視察を挟み、②ターンブル首相を見送った後に再び11時14分から約25分間に渡って特殊作戦群の訓練視察がおこなわれている。(計約37分)



その後、11時57分には千代田区永田町の首相官邸にVIP機が到着。官邸周辺では、上空に見慣れないヘリコプターが現れたこともあり、Twitter上には映像を含め、目撃情報が幾つか投稿されている。

なお、秘匿性の高い陸自特殊作戦群だけに、視察の様子は報道陣に公開されていない。

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
特集:カプコン「Black Command」第4回~開発者&田村装備開発によるプレイレポート座談会
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ
ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 特集:カプコン「Black Command」第4回~開発者&田村装備開発によるプレイレポート座談会 (2018-09-26 16:56)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介 (2018-08-06 18:58)
 豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開 (2018-07-04 12:51)
 ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ (2018-06-29 13:15)
 ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売 (2018-06-26 16:37)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop