NEWS

フィリピン陸軍特殊部隊がアブ・サヤフから英国人夫婦を救出。英軍精鋭SAS/SBSも関与か

海外軍事 Comments(0)
フィリピン陸軍特殊部隊がアブ・サヤフから英国人夫婦を救出。英軍精鋭SAS/SBSも関与か
Sceenshot from OACPA HPA's YouTube channel.
This photo is for illustrative purposes only.
フィリピン陸軍特殊部隊が、英軍特殊部隊と諜報要員の関与する中、ミンダナオ島のイスラム過激派組織から英国人夫婦の救出作戦を展開。ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は、現場で勇猛果敢な指揮を下した大尉に対して「メダル・オブ・バロー(Medal of Valor)」に次ぐ2番目に高位の軍事勲章、『殊勲行動星章(Distinguished Conduct Star)』を授与した。

関連記事:
フィリピン軍の特殊部隊運用が新体制で発足。『軍特殊作戦司令部(AFPSOCOM)』の下で一元化へ
フィリピン陸軍特殊部隊がアブ・サヤフから英国人夫婦を救出。英軍精鋭SAS/SBSも関与か
Photo from an RTVM video
叙勲があったのは、第2特殊部隊大隊・第4特殊部隊中隊のリコ・タグレ(Rico Tagure)大尉。

10/4 1900頃、現地で学校経営を手掛けていた英国人のアラン・ハイロンズ(Alan Hyrons)氏(70歳)とフィリピン人妻ウィルマ(Wilma)さんが火器で武装したグループ×4名に拉致された。目撃情報によると、夫婦は2隻のボートを使って沖合に連れ去られている。(容疑者は4+2の合わせて6名以上と推計)
ミンダナオ島はダーイシュ(IS)に忠誠を誓うイスラム過激派組織やテロ組織が現在も活動を続けるなど、厳戒態勢の中で対テロ戦が継続されている。

関連記事:
ミンダナオ島マラウィでダーイシュ(IS)掃討作戦をおこなうフィリピン軍特殊部隊の映像

当初は、アラン氏が学校経営をおこなうなかで、解雇された複数の教師がいたことから、その逆恨みを買っての報復という見方や、正体不明の身代金5,000万ペソ(約1.1億円)の要求があったことなどから、容疑者特定の情報が錯綜していたようだった。

夫婦の所在を突き止めた軍は11/25になって、英軍SAS/SBSの関与が想定される中でスールー州の過激派組織「アブ・サヤフ(Abu Sayyaf)」からの救出作戦を決行し成功裏に終えている。

Source: Special Forces officer gets 2nd highest award for rescue of Brit, wife, Special forces officer received an award for rescuing British citizen and his wife

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見 (2020-01-09 14:14)
 フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注 (2020-01-07 20:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop