NEWS

A-10C攻撃機が退役した場合、直ちに「攻撃管制」「戦闘捜索救難」に穴があく。米シンクタンク評価レポート

海外軍事 Comments(0)
A-10C攻撃機が退役した場合、直ちに「攻撃管制」「戦闘捜索救難」に穴があく。米シンクタンク評価レポート
U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Dillian Bamman/Released
Representational photo.
米国のシンクタンク、ランド(RAND: Research ANd Development)研究所が、2016年度における国防授権法(NDAA: National Defense Authorization Act)の議会指令に準拠し、A-10C攻撃機に割り当てられた任務範囲の評価を終えた。

関連記事:
ダーイッシュ (IS) 討伐作戦でおびただしい戦歴を提示、戦闘ディプロイメントから帰還した A-10C の写真が話題に
それによると、ランド研究所は、A-10C攻撃機が退役した場合、①近接航空支援(CAS: Close Air Support)、②前線航空管制・空挺(FAC(A): Forward Air Control (Airborne))、③航空阻止(INT: Air Interdiction)、④攻撃管制・偵察、⑤戦闘捜索救難(CSAR: Combat Search And Rescue)という同機が請け負う5つの任務において、昨今の情勢から極めてレアケースながらも、②前線航空管制(空挺)および⑤戦闘捜索救難の2つは、直ちに最も影響を受けるものだと結論付けている。

評価内容の詳細は下記リンク先より閲覧可能となっている。

Needs, Effectiveness, and Gap Assessment for Key A-10C Missions - RAND Corporation

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop