接近戦でボディーアーマーを撃ち抜く、ロシアの12.7mm口径のブルパップ自動小銃「ShAK-12」

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

ShAK-12
12.7X55 shturmovaya avtomat
小口径・高速という自動小銃弾のトレンドに少し変化が見られる中、ロステック (Rostec) 傘下のトゥーラ器械製造設計局(KBP)が12.7mm口径の自動小銃を公開した。12.7mmは西側でいうところの.50口径であり、かなり大型の弾頭である。
ShAK-12は12.7mm口径の自動小銃「Ash-12」を中核とする自動小銃システム。市街地戦において重武装のマフィアやテロリスト、軽車両等に対抗する手段としてロシア連邦保安庁が要望したもの。

ShAK-12はフォアグリップや光学機器、グレネードランチャーなどを組み換え、任務に適した形にすることが可能なシステム火器である。

12.7x55mm弾。音速・亜音速、ジャケットあり、なしなど様々に設定された12.7x55弾を使用することができ、徹甲弾のPS-12Bであれば300mでボディアーマーを貫通するパワーがあるという。右側はAK-47等に用いられる7.62x39mm弾。他にも弾頭が2つに別れるPD-12弾などがある。

Source: KBP unveils ShAK-12 heavy assault rifle | Jane's 360

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop