NEWS

ロシア軍次期自動小銃は「AK-12とAEK-971を両方採用」副首相がコメント

海外軍事 Comments(0)
ロシア軍次期自動小銃は「AK-12とAEK-971を両方採用」副首相がコメントロシア軍次期自動小銃は「AK-12とAEK-971を両方採用」副首相がコメント
Photo: AK-12
ロシア連邦政府副首相のドミトリー・ロゴージンは、先日インターファクス紙のインタビューを受け、次期個人装備システム「ラートニク(Ratnik)」で採用される自動小銃について問われた際に「片方が勝ち、片方が負けてどちらかを選ぶ、ということはない」と、双方を採用することを示唆する回答を行った。

関連記事:
ロシア国防省「AK-12」と「AEK-971」の2自動小銃を実地評価テストに投入へ
ロシア軍次期自動小銃は「AK-12とAEK-971を両方採用」副首相がコメント
Photo: AEK-971
「AK-12」と「AEK-971」は、コンペ当初から激しい競争が続いている。ロゴージン副首相は「兵士の役割に応じて様々なライフルを採用する」と語り、よりコスト安で拡張性に富むAK-12は大量の配備が必要な一般部隊に、やや複雑なメカをもつものの命中精度の高いAEK-971は特殊部隊や国境警備隊にを対象とするなどの使いわけを行うと語っている。両小銃はいずれとも2017年後半に配備開始の予定。

Source: Дмитрий Рогозин: не представляю, как с Россией можно разговаривать с позиции силы

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201703
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop